MEMBER

計画研究

小田 裕香子

小田 裕香子 | Yukako Oda

京都大学iPS細胞研究所 主任研究者 (独立准教授)
Associate professor, Center for iPS Cell Research & Application, Kyoto University

研究室ホームページ

大谷 哲久

研究分担者:大谷 哲久 | Tetsuhisa Otani

生理学研究所 助教
Assistant professor, National Institute for Physiological Sciences

研究室ホームページ

細胞間接着を起点とした細胞競合の分子機構とその生理的制御機構の解明

上皮細胞間の接着は、多細胞生命システムの構築と自律性に重要な役割を果たしている。研究代表者の小田は最近、上皮細胞間接着を誘導する生体由来因子(新規ペプチドJIP)を同定することに成功し、これが細胞間接着に必須のタンパク質ZO-1を介して機能することを見いだした。一方で、研究分担者の大谷は最近、哺乳類細胞培養系において、ZO-1/ZO-2を欠失した細胞が正常細胞に近接すると細胞競合によって排除されることを見いだした。ショウジョウバエにおいては細胞間接着構成因子の変異が、ゼブラフィッシュにおいては細胞間接着分子の勾配の乱れが細胞競合を起こすことが見いだされており、細胞間接着の活性や状態が細胞競合の制御に重要であることが強く示唆されている。JIPは細胞間接着制御を介して損傷組織の修復に寄与するが、ショウジョウバエ上皮組織の修復に細胞競合制御分子が関与することも報告されている。以上の知見を踏まえ、本研究では培養細胞系および上皮傷害・感染モデルマウスを用いて、「細胞間接着の動態・制御を起点とした細胞競合の動作機序」と「傷害・炎症に応答した細胞競合の制御機構」を明らかにし、これにより細胞競合による多細胞生命システムの自律性の生成メカニズムの解明に迫る(図1)。

 

【小田】

  1. *Oda Y, Takahashi C, Harada S, Nakamura S, Sun D, Kiso K, Urata Y, Miyachi H, Fujiyoshi Y, Honigmann A, Uchida S, Ishihama Y, Toyoshima F
    Discovery of anti-inflammatory physiological peptides that promote tissue repair by reinforcing epithelial barrier formation
    Science Advances, 7; eabj6895, 2021
  2. Oda Y, Sugawara T, Fukata Y, Izumi Y, Otani T, Higashi T, Fukata M, *Furuse M.
    The extracellular domain of angulin-1 and palmitoylation of its cytoplasmic region are required for angulin-1 assembly at tricellular contacts.
    Journal of Biological Chemistry 295; 4289-4302, 2020.
  3. Oda Y, Otani T, Ikenouchi J, *Furuse M.
    Tricellulin-Cdc42 GEF Tuba system regulates actomyosin tension underlying epithelial cell–cell junctions at tricellular contacts.
    Journal of Cell Science 127; 4201-12, 2014.

【大谷】

  1. *Otani, T., Furuse, M.
    Tight junction structure and function revisited.
    Trends Cell Biol 30; 805-817, 2020.
  2. Otani, T., Nguyen, T.P., Tokuda, S., Sugihara, K., Sugawara, T., Furuse, K., Miura, T., Ebnet, K., *Furuse, M.
    Claudins and JAM-A coordinately regulate tight junction formation and epithelial polarity.
    Journal of Cell Biology 218; 3372-3396, 2019.
PAGE TOP